大相撲を応援するのが面倒になった

大相撲の人気って実際のところどうなんでしょうか。

大阪出身の豪栄道が大関に昇進しましたが、番付を見ると横綱にモンゴル出身力士3人がどんと構えています。

横綱に限らず、幕内にはほかにもモンゴル出身力士がたくさんいます。

誤解をおそれず言いますが、こういう大相撲を見たいですか。

私はまったく見たいと思いません。

大相撲はべつに五輪競技でもないし、W杯もあるわけでもありません。

日本国内の競技として完結しているものです。

一体どうしてここまで外国人力士を増やす必要があったのでしょうか。

大相撲は甲子園と似ている部分があるのです。

つまり、自分と出身地が同じ力士、高校を「無条件で応援してしまう」ということです。

ほかの力士や高校を応援するには、それなりの理由が必要になってくるのです。

そんな理由を探すのなんて面倒です。

もし大相撲の人気がなくなったというのが本当のところならば、応援する理由を探すのが面倒で、応援したい力士が減ったからだと思います。

そろそろ本気で外国人力士に何らかの制限を設けないと、大相撲はただの外国人の出稼ぎの場になってしまいます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP