ゲキドライヴのレースコースを買いましたが

小学3年生の長男に最近買ってあげたのが、ゲキドライヴという自分で組み立てる車です。

接着剤を使わなくてもできるプラモデルです。

いつも遊んでいる友達が買って、一緒に組み立てたことから、自分も欲しいということになったのです。

1台1000円くらいで買えるので、2台買いました。

内部にモーターも取り付けているので、電池を入れるとものすごいスピードで走ります。

このゲキドライブ用のレースコースも売っているということでした。

約1万円の小さいコースと約3万円の大会用のコースがあります。

アマゾンでレビューを見たら、1万円のだと小さすぎて何の面白みもないという声が多かったです。

でも3万円のコースを買ってすぐに遊ぶのに飽きたら困ります。

どうせいつかは飽きるのだから、1万円のコースで十分だろうということになり買いました(それでも十分に高いと思いますが)。

アマゾンから届いたのは、かなり大きな段ボール箱です。

アマゾンで買い物をするといつも無駄に大きめの箱に入ってきますが、今回は理由がわかりました。

本体の箱そのものが大きいのです。

商品名は「RC-01 マスタースピードウェイ」と言います。

最初は長男が一人で組み立てていましたが、途中でギヴアップしたので、一緒に組み立てました。

みんな「小さい、小さい」と言っていますが、思ってたよりもずっと大きいです。

画像に映っているのは3歳の次男です。

早速次男が自分のプラレールの新幹線を走らせようとしています。

普段リビングに置いておくとものすごく邪魔なので、隣りの和室に移動しました。

私の予想では、ゲキドライヴはあまり遊ぶことなくすぐに卒業になると思っています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP